Homeスポンサー広告RUN>高野山・黒河道3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山・黒河道3

2010.10.23 Sat

KURO 1-03

kuro2-3-2.jpg


さて、吊り橋通行止めのため、下流の橋を渡って対岸へ戻って来ました。ここから後半戦、いよいよ本番です。
橋のたもとに9:00ちょうど。予定では9:10でしたから10分の早着。

■丹生川(市平)登り口~地図の①まで

u067.jpg
吊り橋の前の道には、通行止めの看板があります。

u068a.jpg
この立て札に、巨大カツラの木の表記があるのですが、余りに簡略すぎてよく分かりませんでした。次回再確認します。

u070.jpg
たしか6年前はこの辺から登って行った・・・と思ったんですが・・前回もかなり迷いました。

u069.jpg
どうも他所様の庭か畑の中に入って行ってる感じも・・・

u071.jpg
フェンスがあり、この先へ進めません。無理やりよじ登って越えましたが・・・6年前にはなかった。
よく見たら、簡単に開けられるようになっていましたが。
道が分からないという点ではこの街道で一番分かりにくい区間です。単に間違えているだけという気もしますが・・・

u072.jpg
廃屋のような所を通ると道がハッキリしてきます。

u073.jpg
やがてハッキリとした道に出ます。地蔵があるので間違い有りません。

■地図の①区間
道なりに進んでいくと、地形図の道と比べて数字の「3」の形に東にかなりずれています。ただ、今回も前回も、ショウタンさんのページの軌跡も同じようにずれているため、地形図の方がおかしいのか、地形図の道以外に新しく道が出来ていると考えられます。地形図通りの道があるのかどうか、次回確かめてみます。


u075.jpg
①の○の一番左下あたり、Ω字に曲がっている頂点あたりで祠が見えます。コースに乗っているようです。

■①から②まで

u077.jpg
東から尾根道が合流してくるあたり。

u079.jpg
先の分岐から②へ行く間の2つめの鞍部あたり。地図にはない道が分かれています。

u080.jpg
同じ場所。クボタ林業の表示があります。


■②区間

u081.jpg
②の区間は、地図には南南西にまっすぐ進む道が書かれていますが、実際には南東方向に進み、東の沢筋からの道と合流して再び南西へ進む軌跡になって居ます。これは2004年も同じで、さらにショウタンさんの軌跡も同じですので、地図が違うと判断します。
ここは踏み跡がハッキリせず、道幅も靴はばくらいしか無い所もあり相当迷いまして、何度も行ったり来たりしてかなりタイムロスしました。うずらさんがカメラを落として取りに戻ったのもここだったか・・・(笑)

■③区間 棚田の跡

②と③の円の重なり合うあたりでルート取りを間違ったらしい。
100_2797.jpg
画面の真ん中に足形が有りますが、くるぶし位まで沈みました。もっと柔らかくて深かったら沈んで死んでたかも(笑)笑い事ではないんですが・・・次回は救出用のロープも持参せねばならないかも(笑)

u086.jpg
その柔らかい所から後ろを振り返ると木の橋が有るので、そう間違っているとも思えないのですが。
(画面左の木の後方)

u088.jpg
u089.jpg
u090.jpg
3枚とも、歩いている右手に石垣が見えますが、これが棚田の跡のようです。要するに、畔道を歩いていることになりますが、前回はこんな場所を通った記憶が無く、地形図上の道路も、前回の軌跡も、ショウタンさんの軌跡も田の地図記号の西側(進行方向右側)を歩いていますので、今回はやはり②と③の間で間違えたのだと思います。

u093.jpg
最後は藪こきをして、何とか予定のルートに復帰。(③の円の下、各軌跡が収束するあたり)
しかしまあ、久保小学校へ出る前にこんなにエライ目に遭うとは思っていませんでした。最後の峠はもっと分かりにくいので、最後まで体力が持つか少し心配になるほど(笑)

■④~久保小学校へ

u094.jpg
650.1mの阡場山の三角点(三等三角点「河根」)への道しるべがあります。
ここから水平になり、下りになって広い道路に出ます。
いよいよ北又の集落です。

100_2798.jpg

100_2799.jpg
久保小学校です。11時着。道に迷いすぎて30分の遅れ。体力も使いすぎで心配ですが、ここから少し先が最後の関門です。

その4に続く

コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。