Homeスポンサー広告うどん>関東遠征その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東遠征その1

2010.09.23 Thu

9月24日に東京で日帰りの用があったのですが、前日は休日。
てな訳で一日早く出発することにしました。ホテル代捻出のため新幹線をやめて夜行バスで。
100_2558.jpg
あべの発の新宿行き格安号。ガラガラで隣が空席だったんで楽に行けました。

100_2563.jpg
多賀SAまでは起きてましたが、その後目が覚めたらもう都内。

100_2564.jpg
新宿西口に6時半過ぎ到着です。最近は乗り換えだけとか余りウロウロする機会がないですが、こんなにゆっくり新宿駅でブラブラしたのは親戚の家に泊まりに来た小学校の頃以来か(笑)

100_2565.jpg
とりあえず山手線に乗ってみる

100_2566.jpg
御徒町着。気になってた東北縦貫線の工事状況(笑)秋葉原方向。下り線は一時剥がされていたレールが復旧された様子。

100_2567.jpg
上野方向も工事中。
上野発着の東北本線列車を東京駅まで乗り入れ、東海道線へ直通させるための工事ですが、もともとこの線は繋がっておりました。
私の子供の頃には特急「つばさ」とか東京発着の便もありました。それが、東北新幹線を東京へ乗り入れるため東京-秋葉原間は転用され、秋葉原-上野間は留置線として長らく使われていたのですが、このほど東北新幹線の真上に高架を乗せることで復活する事になったわけです。新幹線と一緒に工事やっとけば良かった物を・・・

100_2569.jpg
んなわけで御徒町駅。大阪環状線の駅と雰囲気似てますな。

100_2568.jpg
ご存じアメ横。年末でなくてもやってます(笑)

100_2570.jpg
駅から歩いて4~5分、燕湯さん。朝6時からやってて、夜勤明け、夜行バス利用者、朝まで飲んで出勤する人、などスーツ姿が多数集まる銭湯です。そういう訳でロッカーも非常に大きく、スーツケースでも入るんではないだろうか。
中は天井が2階の上までの吹き抜けで雰囲気あります。

さすが東京の銭湯と思わせるのは、壁の張り紙にタオルを湯船につけるなは当然として、「湯船に入る前に必ず体を洗え、浴槽の中で体をかいたりこすったりするな、違反してるのを見たら番台へ通報のこと」てな感じで優しく(笑)書いてあります。掛かり湯はちゃんとしましたが、とりあえずまずは湯船でゆっくり、と思って洗う前に入ってしまったけど通報はされなかった(笑)
もちろん、東京らしく湯は結構熱くて45度。
450円。ありがたし。

100_2571.jpg
再び山手線でこんどは池袋。

100_2572.jpg
地下コンコースに牛乳バーてな物が有りました。

さて、「むさしのうどんエン座」さんへ行くわけですが、前日ネットで調べたところ、場所は西武新宿線の武蔵関、上石神井、池袋線の大泉学園、保谷の4つの駅の中心あたり。池袋から大泉学園へ行くつもりが、切符を買う時に石神井公園なら30円安いので気が変わって変更(汗)。まだ開店まで3時間ほどあるので、公園で時間つぶしてからというのもあるし。

100_2573.jpg
そういう訳で石神井公園。で、車内の広告で変なのを見つけた。
「石神井公園ふるさと文化館 五味康祐の世界」??? 五味康祐は大阪出身やぞ、八尾のオッサンやぞ。おかしいやないか、何でふるさと文化館で展覧会やるんや?

五味康祐パンフ

これね
駅でパンフレット探したが見つからず。とりあえず公園まで行けば何とかなるだろう、時間もあるし、という事で出発・・・

100_2574.jpg
富士街道ってこんなに狭いのか・・・
拡張工事するのも当然・・・

100_2575.jpg
10分ほど歩くと、公園はもうすぐ・・

公園に到着!

100_2576.jpg100_2577.jpg
100_2578.jpg100_2579.jpg
100_2580.jpg100_2581.jpg
100_2582.jpg

公園の南にふるさと文化館発見。良かった。

100_2583.jpg
あれ?
100_2584.jpg
五味康祐展はちゃんとやってる。300円也
それはそうと、ここのエン座は何や?
そういえば以前、移転するという話は聞いてたけど・・・
でも、夕べちゃんとエン座ホームページで見たのに・・??

100_2585.jpg

と考えていると横を店主の糧シャドウさんが歩いて行かれた・・・間違いない(笑)
MOONさんにメールで問い合わせると、やはりこっちで正解とのことで、旧店舗はお弟子さんが「エン座長谷川」として営業中だとか。
とりあえず10:30の開店時間まで五味康祐展をゆっくり観覧。外は豪雨に・・


100_2586.jpg100_2587.jpg
100_2588.jpg100_2589.jpg

は~ん、生まれは大阪で戦後20代で結婚してそれからずっと石神井なのか・・・
ともかく時代劇映画大好きで、オーディオ本もいっぱい持ってるので感激。
豪華パンフレット2000円也、も買ってしまった(笑)

さて時間が来たので店内へ。
100_2590.jpg
博物館の喫茶コーナーという雰囲気です。こだわりのうどん店という感じがしないのが良いのか悪いのか・・・

100_2591.jpg
まずは霙糧うどん(冷)\850

100_2593.jpg
ずっしりと重量感のあるうどんです。肉汁がメチャ美味しい。
麺はK下Sずらんがメインで61号と全粒粉をミックス、と聞いてますが讃岐風というよりかなり武蔵野風。
というか伝統的なローカルうどん。噛んだ時の味わいもよく、素晴らしい。

100_2594.jpg
おかわりしてかけうどんのハーフサイズ(釜抜き)\600

100_2595.jpg
麺の強さが後退する分、かけダシのおいしさが引き立つ。
釜抜きやったから塩味強めでメチャウマやったんかな~~(笑)
それと、さっきの真四角麺と違って偏平麺やったけど、わざとかな?たまたまかな?>M君?(笑)

とにかく、五味康祐先生のお導きで無事むさしのエン座で食べられました。感謝感謝。

コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。