Homeスポンサー広告うどん>岡町うどん じきはら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡町うどん じきはら

2010.08.27 Fri

100_2431.jpg
やって来ました~~~~岡山へ。

家を出る時に切符を持って出るのを忘れて環状線で一本遅かったために、大阪始発の新快速が目の前でドアが閉まって乗れなかった・・・っちゅう失敗もありましたが、赤穂線に行かずに何とか予定通り10時半過ぎ岡山到着。

100_2432.jpg
駅前広場に「美味しい水」の冷水器が・・・飲んでみると、こういうのはやはりあまりウマくない(笑)

100_2433.jpg
駅前の大通り、ママチャリのおばちゃんが車道をかっ飛んで行くので、びっくりして見たら「自転車レーン」があった。ウマく機能しているんだろうか・・・

100_2434.jpg
早速駅前の岡電乗り場へ。

100_2436.jpg
清輝橋行きは9分おきに出ている様だ。

100_2437.jpg
車内はこんな感じで。

100_2438.jpg
岡町うどん・じきはら

清輝橋の駅から徒歩3~4分でした。11時を少し回ったくらいに到着。
前まで行くと、店の前を掃除している店員さんが・・・あれ?じきはらさん本人ちゃう?
写真だけ撮って中に入ると、やはりご本人。しかも店内は一人だけの様子。

店主とは釜たけの正月恒例イベント「とんど祭り」でお会いしたきりで、覚えておられないと思い自己紹介
「釜たけのとんど祭りのお手伝いに行ってた者で・・・」
「覚えてますよ。キメラさんでしょ」
覚えててくれたのか・・・恥ずかし(笑)

100_2439.jpg
店内はカウンター席と3人掛け席があります。
一人で全部こなせるのかと聞いてみると、今日はパートさんが遅れてくるが、昼まではなんとかなるとのこと。
確かに昼になるまではお客さんも少なかったが、それでもお冷やを出して注文を通し、天ぷらなどを作りながらうどんを茹でて盛りつけ、レジまでこなすのは脱帽。その間、私とずっとしゃべってたのは余裕のなせる技かも。


100_2440.jpg
ちく天ぶっかけあたりを考えていたが、ちく玉でもほとんど値段が変わらないのでちく玉天ぶっかけを注文(汗)

100_2441.jpg
写真の色が少しおかしいけど、美味しそうな飴色です。
麺の太さは5.0x5.1mm 標準的かほんのちょっぴり太めか。

なかなかの粘りがあり腰もある。いい麺です。吸い付くようなこの粘りはすばらしい。
つるつるグミグミで真っ白な最近はやりの関西麺とは一線を画す本格麺。
ダシもおいしい。天ぷらは、玉子はもう少し半熟だったらいいかな、ちくわは衣がもう少しカリッとすれば完璧か。

100_2443.jpg
サービスでミニかけうどんも出して頂きました。
粘りのある麺に特有(?)の、熱い麺では少しポキポキする感じが惜しい。
とはいえ、10年くらい前の讃岐のMファミリーでも熱い麺は苦手にしていたので、難しいところではあります。

こちらのダシも素晴らしい。さすがに和食の経験が生きてます。

100_2445.jpg
自家製の梅干しも頂きました。これ一つでご飯一膳はイケる(笑)

師匠の店とはかなり違ったうどんですが、岡山という香川の対岸という場所柄か讃岐のうどん度の非常に高い、いいうどんです。岡山市内では一択か。

内麦の感じがあまりしなかったので聞いてみたら、(内麦も)入ってますよ、という事なので
2000が入っているのか。プレミアムか?(笑)
讃岐の麺で近い感じというと、丸亀の凡蔵とかですかね。色といい粘りといい味といい、よく似ています。


関西讃岐度≡≡≡≡≡≡≡≡本場讃岐度


というわけで岡電に乗って帰宅。

100_2430.jpg
高架になった姫路駅。ホームのそば屋は健在。残念ながら食べられず。

100_2446.jpg
天王寺駅前。近鉄が建て替え中。大阪でもチンチン電車に乗って帰宅しました。

コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。