Homeスポンサー広告RUN>熊野街道3日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野街道3日目

2010.07.16 Fri

梅雨明け寸前・・

2010-0716-01a.jpg
コース地図その1(緑は前回7/11分、赤が今回分 写真はほぼ撮影位置です)

100_2322.jpg
前回の続き、羽倉崎駅。朝8時に到着・・・暑い。古道まで戻ります。


100_2323.jpg
熊野古道の安松南交差点からスタート

100_2324.jpg
大坂夏の陣の樫井合戦で討死にした塙団右衛門直之の五輪塔です。団右衛門は加藤嘉明に仕え、朝鮮の役で軍功をあげ、名を知られました。
豊臣方は徳川方の和歌山城主浅野長晟の軍と戦うべく泉州に進みましたが、塙団右衛門は先鋒隊をひきいて、浅野軍に突入しました。安松、岡本、樫井で激戦が展開されたが、大坂方は敗れ、団右衛門はこの地で討死にした。ときに48歳という。 団右衛門を討ったのは上田宗箇、亀田大隅あるいは八木新左衛門などの説があります。
五輪塔は寛永8(1631)年に紀州の士小笠原作右衛門が造立し、石灯籠は八木新左衛門の孫が奉納しました。 明治元(1868)年団右衛門の250回忌には団右衛門の子孫の櫻井氏が補修し周囲を整え、当地の観音寺に位牌を収めました。
現在は地元の人に守られているそうです。

と書いてあります(笑)

100_2325.jpg
場所は 泉佐野市南中樫井 です


100_2326.jpg
古い造りの民家が並ぶ

100_2327.jpg
樫井川の明治大橋のたもとにある石碑。さっきの団右衛門が戦ったという古戦場がこの河原一帯だそうな

100_2328.jpg
明治小橋から海会寺跡、古代史博物館方向を望む

100_2329.jpg
了安寺前のT字交差点。青信号で横断歩道渡ったのにクラクション鳴らされ激怒(笑)

100_2330.jpg
信達宿(信達市場)の本陣跡。角谷家の門構えがすごい。
紀州街道は東海道とかと違って、紀州の殿様以外参勤交代で通らないので、本陣は一軒あればOK(笑) しかも紀州から大坂まで1泊で行けるので、宿泊用の本陣はここ信達宿だけ。休憩用の本陣は大津宿(泉大津)、山中宿(山中渓)にも有ったそうな。大津の宿の写真は自転車で下見した回にアップしたと思う(汗)

2010-0716-02a.jpg
ここから地図の2枚目へ

100_2331.jpg
というかいきなりルートから外れて左上へ寄り道してるのは、阪南市役所へトイレ休憩(大汗)海会寺跡か博物館あたりにはトイレがあったらしいので、そこで行っとくべきでした。かなりの時間ロス(ウン○が長かったんではなく、途中の26号(新道)の信号が全然変わらないため)

100_2332.jpg
信達牧野の往生院前にある熊野街道(小栗街道)標識

100_2333.jpg
岡中の交差点(道光寺池の手前)を左に(道なりに)入っていきます。

すぐ阪和線をくぐり、泉南IC前のバイパスを渡ったところのヤマザキデイリーで休憩。パンを一つ食べてみた(笑)さらに和泉鳥取の駅前らしきところを通り(駅舎は見えないがホームは見える)山中川の山中橋を渡る。この辺からだんだんと登りがキツくなってくる。

100_2334.jpg
滑下橋の手前にある看板がびわかけ地蔵王寺の案内。ここは危険なのでパス(笑)

2010-0716-03a.jpg
いよいよ地図は3枚目。阪和道が迫ってくる。阪和道、街道(府道64号)、JRが狭い谷間を進んでいく

100_2335.jpg
王子原バス停前にある馬目王子の看板・・・場所がよくわからなかった・・

100_2336.jpg
山中渓駅手前で道は左に分かれていきます。道路は石畳が敷いてあります

100_2337.jpg
駅前を過ぎてすぐにある関所の跡

100_2338.jpg
和歌山県との境にある日本最後の仇討ち跡・・・あれ?確か高野街道にも有ったような・・・極楽橋の近くにあるのは村上兄弟の1871年の仇討。こちらは1863)6月2日の白昼、土佐藩士広井磐之助が父の敵である元同藩の棚橋三郎を惨殺した、と有るので高野街道の方が最後ではないんだろうか(笑)

2010-0716-04a.jpg
いよいよ最後の地図。もうすぐ峠だ。

100_2339.jpg
ピークを過ぎ、急な下りになる。和歌山側は急なので道は九十九折りに。上空に見える赤い鉄橋は阪和道


100_2340.jpg
7~8割下りたところで左の旧道へ。

100_2341.jpg
旧道に入ってすぐ山口王子跡

100_2342.jpg
下りきったところは街道らしくなる

100_2343.jpg
墓地の角を西に折れて

100_2344.jpg
山口神社の鳥居の前に出る

100_2345.jpg
県道7号を西へ。足下に案内標識が埋め込まれているので安心。ただし道は歩道が無く交通量も多くて最悪。

100_2346.jpg
紀伊駅で終了。とりあえず和歌山までは到達。ここから先は未定です。

あと、NHKの「熊野古道てくてく旅」を見直していたら、1日目の鳳駅あたりから石才駅あたりまで知らないところがかなり映ってる!!。よくよく調べてみたら、大阪府の案内地図には旧道が残っていても載せてないようでこのブログに詳しいけど、13号線(大坂和泉泉南線)など歩かなくてもちゃんと旧道が部分的に残ってたんや・・

これは再度歩きに行くかどうか、ちょっと迷います(汗)

本日の距離:約22キロ、休憩含めて4時間ちょっと・・

コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。