Homeスポンサー広告>中国山地JR制覇(第0日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国山地JR制覇(第0日)

2010.04.06 Tue

青春18切符を今年も買ってしまったので、色々とプランを練ってましたが結局、関西以西の
JR西日本の乗り潰しをやることに決定。

そこで、今回のテーマは「中国山地を乗り回す」

jr-w.jpg


去年の夏に境線と木次線へ行ったので、出雲市までの山陰線と境線、木次線-伯備線の南半分は
制覇済み。

あと、山陽新幹線の全線と在来線の福山まで、赤穂線と播但線等は過去に乗っているので残りは・・・

jr-w0.jpg
こんな感じ。(赤は乗車済み)

中国山地を縦貫する姫新線と芸備線、陰陽連絡が東から津山線と因美線、伯備線の北半分、
福塩線と三江線。本数の少なさからして、この辺が今回のキモでしょうか。
あと、山陰線と山陽線の西半分がありますが、これは本数も多いし乗りやすいので心配ない。
山口線と美祢線は若干性格が違うのと、次回九州責めの時に組み合わせる事も出来るので、
場合によっては後回しと。

で、さっそく予定を組んでみる。
津山+因美、福塩+三江、芸備+伯備(北)がそれぞれ1日近くかかる。あと、山口県内も
1日では厳しいと思われる本数の少なさ。

始発から最終近くまで乗り通せば何とか全部消化できそうだけれども、明るいウチに乗らないと
景色も分からず意味がないのと、せっかく旅行するのにビジネスホテルで数時間寝るだけと
いうのもつまらないので、夜はなるべく早く宿に入って美味しい物を探す方向に決定。(笑)

それから、仕事の都合で水曜からしか代休が取れず、日曜までの5連休ではあるが10日の
土曜で青春18の期限が終わるので、4日間しか使えないことも分かった。前の週の土日に
行けなくもないけど、日帰りで行っても効率が悪いし面倒なので(汗)結局4日間だけで
終えることに決定。

実は、このプランニングの期間が一番楽しい(笑)
時刻表をメモに書き写して、各方面からの接続時間を検討し、泊まる町を決める。
昔は、最終列車が着く駅には必ず、駅前旅館なりなんなりがあったのですが、昨今は
よく調べておかないと、駅で途方に暮れる場合もありますから。

色々検討してみると、
1.国山脈を貫く姫新線と芸備線を一日で乗り通すためには、姫路に
 泊まって始発に乗る以外にない
2.三江線、芸備線の備後落合付近は3~4往復しか無い
3.日によって線路保守のため運休する区間がある(汗)
などが分かりました。

そこで、姫路~姫新・芸備線で広島までで一日。福山~福塩・三江線で山陰へ出て一日。
津山線と因美線と出来れば伯備線で一日。山口線・美祢線近辺で一日とざっくり決めました。

大きな街ではビジネスホテルでも仕方ないが、小さな町では旅館か民宿で温泉につかる、
という方針も確認(笑)
さて、どうなります事やら・・・

続く

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimera001.blog5.fc2.com/tb.php/195-8983a590
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。