Homeスポンサー広告うどん>三田でうどん会~篠山某店開店準備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三田でうどん会~篠山某店開店準備

2010.04.02 Fri

おととしの6月、去年の3月に続いて3回目の三田でのうどん会。

100_1358.jpg
(写真は去年のです)

ひろぽち君と2人で9時前に三田着。たるさんは所要で来れず・・というか
事前の連絡がうまく行ってなかったみたい(笑)前日に電話したら「聞いてないで~~」
とのこと

100_2047.jpg
ぼちぼちと参加者も集まり、手打ちを体験していただきます。

100_2048.jpg
寝かし時間はほとんど無しで踏んでいきます。

100_2049.jpg
私はいつもの釜番&キツネ担当(笑)

100_2050.jpg
ゆる~い空気の中(笑)、工程は進んでいきました

100_2051.jpg
11時過ぎには、最初の麺を仕上げていきます

100_2052.jpg
それをさっそく茹でていきます。さすがに熟成不足で、茹であがっても若干粉っぽい。
ただ、エッジはなかなかの物

100_2053.jpg
ひろぽち師匠の見本(笑)

100_2054.jpg
結構うまく伸ばせていました。
私の方はビール片手に茹でておりましたので、この後すっかり写真を撮るのを忘れていました(汗)
決定的に時間が足りなくて、うどんの出来はもう一つでしたが、それでも皆さんには喜んでいただけたようです。

メニューはいつもの
カレー・しっぽく・かけ・ぶっかけ・青唐・ぜんざい・明太バター・釜玉・梅ぶっかけ等々
来年も有るのだろうか・・・・?


さて、そのあと今週オープン予定の篠山の某店へ。
今まで使っていた内紛が廃版になったので、何か知恵はないかとの事

まずは現状の確認。
100_2055.jpg
釜揚げうどんの豚のゴマだれつけ麺

もちもち感が足りず、シュレッダー切りのせいかダシの絡みも良くない。
その分、出しがからい。

100_2056.jpg
肉のショウガ焼きぶっかけ(冷)
こちらも同じく、ぶっかけダシがほんのちょっと辛い。
食感にこだわりすぎて、肝心の麺の味が足りないのでは・・・

さっきのうどん会で残った生麺を茹でて貰い、店主と奥さんに食べて貰った。
分かっていただけたかどうかは、甚だ疑問(笑)

関西の新店の傾向として、某製麺機と内紛の使用にこだわる結果、肝心の麺そのものが
美味しくないという、何とも残念な事になっている様に思います。

某県の某gさんが言った「DNAに訴えかける味」、ここを極めていただきたいと思う今日この頃です。
お品書きに「国内産の小麦粉にこだわった麺」と書かなくても、おいしければそれで充分だと思うのですが・・・

コメント

*お疲れさまでした

一時間半であひるを打つのは
かなりのムチャ振りでしたね(笑)
すいとんみたいになっても?と一瞬頭をよぎりましたが
なんとか麺線になって良かったです(笑)


篠山店、提供量を考えれば製麺機を使わなくても?
と思ったりしますね

まずは手仕事から生まれるオーラを感じたいところですが 汗

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimera001.blog5.fc2.com/tb.php/194-b67eab5d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。