Homeスポンサー広告うどん>1/12高津宮とんど祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/12高津宮とんど祭り

2009.02.07 Sat

 今さらですが、1月の記録です。
12日は恒例の「高津の宮とんど祭り」。釜たけさんの応援で行ってきました。
(カメラ忘れたので写真無し・・・汗)

当日は車の都合が付かず、最低限の機材で行きましたが、ほぼ何とかなりました。

1/11
仕込みはしっぽく担当だったのですが、前日店に行ってみると指示しておいた材料がもう釜の中で
炊かれていました(笑)。こんにゃくは言うてへんかったけどなぁ(笑)
機材類を現地へ運び、配置を決めてセッティング。ひろぽち君は前日だけなので、
重量物は全部セットしておいて貰いました(笑)

1/12
当日5時前に起き、始発で高津の宮へ。ちょうど麺も運ばれてきたところでした。

今年から保健所の検査が入るようになりましたが、事前に聞いていたので何とかクリア。
(ちょっとヤバイ場面も有りましたが、裏通りも知っているので(笑))

公式には11時スタートですが、9時過ぎにはチェック用の麺茹でを開始!
すぐにお客さんが並び始めて、味見するヒマもなくそのまま販売スタート(笑)

上越のたまさんに教えて貰った玉取り用の手袋のおかげで、茹でるスピードにレジが
追いつかないという珍しいパターンになりました。ちょっとメニュー数が多かったのかも。
列はいつもと同じように伸びてましたから、レジが早かったらもっと流れたかなぁ・・
グローブ

一門の八尾・たからやさんと滝井・紅屋さんが応援に来てましたが、釜番をたからやさんに
しっぽくの鍋を紅屋さんに任せて、私はかなり楽に出来ました・・

「スーパー玉取りスト」の別P君ではなくて名古屋からの応援部隊に任せたせいか、
丼が大きめだった分少し麺が多かったかも。しっぽくは一杯で満腹になりましたよ。
店で出すのとあまり変わらなかったんでは?
4袋か5袋を生地にしたそうなので、160~200キロの麺線を茹でた勘定になります。
茹で湯の交換をもう少しスムースにしたかったなぁ(これはひろぽち君が居たら出来たでしょう(笑))
来年はちょっとやり方を変えてみます。

3時頃には麺切れになって、夕方早めに片付け出来ました。
翌日は全身筋肉痛で大変でしたが・・・・・実は只の筋肉痛ではなかったのですが・・

コメント

*いや~

行けなくてスイマセンでした

改めて書かれると、少しは役に立ってるのかぁと
変に喜んだりして~

あ、いや、Mって訳じゃないですよ(爆) お間違えなく

あの耐熱グローブですが、100℃近い麺を触っていると”かなり”熱いですね
グローブ自体は耐えれても、人間の皮膚感覚が追い付いていない(笑)

一枚軍手だとか手袋を仕込んでから装着しないと連続はツライですね。

*ひろぽち君

今回は軍手の上からグローブを付けたんで、6時間ぶっ通しで玉取してもOKでした。
女の子も2人居ましたが大丈夫でしたよ。

時間が経つとくっついてくるので、湯加減が難しいですが。要研究です。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimera001.blog5.fc2.com/tb.php/122-5ac88156
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。