Home>2010年04月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国山地JR制覇(最終日)

2010.04.10 Sat

中国山地JR制覇(第4日)
最終日。

jr-w0410a.jpg

出雲市-江津間と伯備線の北半分以外は既乗なので、ほぼ乗ってるだけという一日になるか。その分距離は長く600キロほど

萩は見所の多い町で、泊まるだけで帰るのはもったいない・・・

100_2154.jpg
7:30ごろ駅に到着

100_2158.jpg
7:44発益田行き

100_2159.jpg
8:07木与
100_2160.jpg
8:14宇田郷
100_2161.jpg
宇田郷-須佐間
100_2162.jpg
8:39飯浦

100_2163.jpg
8:55益田着
9:27アクアライナー米子行き

100_2164.jpg
江津-黒松間の風力発電

100_2166.jpg
米子12:57着
迷ったあげく、構内のそば屋へ。これは失敗だった(汗)

13:39 伯備線で新見行き
100_2167.jpg
写真は伯耆大山駅付近から望む大山

100_2168.jpg
岸本駅から見る大山

100_2169.jpg
上石見 8分停車
100_2170.jpg
備中神代
100_2171.jpg
今回の旅行で何度目か・・・の新見駅着15:48

100_2172.jpg
新見駅前バス乗り場から

100_2173.jpg
新見発16:15岡山行き
岡山で2分の待ち合わせで姫路行き。かろうじて席を確保(汗)
姫路は1分の待ち合わせで新快速・・・早めにドア前へ移動しダッシュ。何とか座れた。

100_2174.jpg
三宮の先で2000キロを記録!新幹線も入れて平均時速は50キロか・・・

0410.jpg
最終日は伯備線で山を越えた以外は海岸線で平坦。7:44~21時過ぎまでほとんど乗り通しですが、ほぼ座れて疲れは無し

img002.jpg
今回使った18切符
スポンサーサイト

中国山地JR制覇(第3日)

2010.04.09 Fri

中国山地JR制覇(第3日)
jr-w0409a.jpg

鞆の浦シーサイドホテルで6時頃起床。
100_2120.jpg
なかなかの景色。

100_2121.jpg
この湾を埋め立てて橋を架けるという計画で裁判が起こってるが、どうやら観光客のせいではなく、地元民の生活道路として拡張したいらしい。少し遠回りすれば済みそうな感じだが、地元には地元の事情があるのかも知れない。

チェックアウトしたら、朝食代わりにおにぎり弁当とお茶をくれた。なかなか親切。
6時半のバスで福山駅へ。
100_2123.jpg
福山発7:18府中行。ここは電車です。福山の高校生は空席があっても座らない。エライ!気のせいか美少女が多い気もする(笑)

100_2124.jpg
府中ですぐの乗り換え。ここから先は例によってキハ120単行(笑)山岳路線に突入。

100_2125.jpg
三次に9:55着。今回の旅のメイン路線(笑)(笑)、三江線に乗り換え。10:03発。さっき府中を出る時は18人、今の車内は8人(笑) なにしろ、途中の口羽-浜原間は一日4往復!江津-三次間を乗り通せるのは3便だけという日本一の閑散路線!

100_2126.jpg
宇津井駅。谷間にかかる鉄橋上の駅で、下を見ると…

100_2127.jpg
こんな感じ。5階建ての高さでエレベータもなく、乗り降りは大変。

100_2133.jpg
石見川本着12:12 ここで1時間40分!の停車(汗)

100_2134.jpg
もっともそんなに長時間停車したら顰蹙物なので列車番号は変わりますが、同じ車両で同じ運転手、
実質は長時間停車です。車両はドアを閉め、運転手さんも食事のため?休憩室に入ってしまいます。

100_2128.jpg
ここ石見川本では駅前の寿司屋がうまい、というネット情報が有ったのですがあいにく休み(汗)
仕方なく店の有りそうな方向へ歩いてみる。
警察署

100_2129.jpg
島根のドンの連絡事務所(笑)

かなり歩いたものの、良さげな食堂は発見できず。昼時なんで、食べに行く人は居ないんかと探すが人通り自体がほとんど無いのでどうしようもない(笑) と、警察の近くの役場にオートバイで出前を発見!駅の方に戻る様で、見失ったがこちらも駅前に戻ることに。
結局、最初に寄った寿司屋へもう一度行ってみる

100_2132.jpg
やっぱり暖簾が掛かってない。が、中で声がするので開けてみると、祭りの仕出しの準備のため臨時休業だとか(汗)

100_2131.jpg
しつこく交渉の結果、有る物で食べさせて貰えることに(笑) ネットで絶賛されていた、新栄定食1000円を注文。

100_2130.jpg
にぎりに吸い物、小鉢です。これはなかなか行けました。うまい。
その上、メニュー外の手作りプリンを御馳走になりました。地元名産のゴマの粉末が入っているとのことでしたが、少し味が分からなかった(汗)。プリン自体は大変美味しかったです。この辺は牛乳が濃いのだろうか・・・

さて、2時間近い休憩を終えて再び川本駅。13:51発
100_2135.jpg
江津駅14:57着

100_2136.jpg

100_2137.jpg
車内でウロチョロと各駅ごとに駅名標を撮っていたええ歳した迷惑兄ちゃんも下車した模様(笑)

100_2138.jpg
江津発15:04アクアライナー益田行き

100_2144.jpg
キハ126

100_2139.jpg
100_2140.jpg
山陰本線は日本海に沿って走ります。

100_2142.jpg
車内はガラガラ

100_2143.jpg
民家が増えてきて、

100_2145.jpg
益田16:21着

100_2146.jpg

100_2147.jpg

100_2148.jpg
益田から先は特急も走らず、本数が至って少ない。小郡(新山口)までの山口線も次回は乗ってみたいね・・・

100_2150.jpg
本日の終着点、東萩駅到着17:48

100_2151.jpg
駅から数分歩いて、本日の宿は「民宿:萩の宿」

100_2152.jpg
部屋は和室です。なかなか広い。まず風呂に入らせて貰って、部屋でのんびり。
風呂は2~3人用の小さな浴槽ですが、それでもビジネスホテルのユニットバスとは比べモンにならん快適さ。

100_2153.jpg
料理が素晴らしい。鯛の造り、サザエ、ロールキャベツ他、たっぷりのボリューム。
当然、ビールも頂きます(笑) だんだん、山岳路線制覇からグルメ旅に変化しつつあるが(汗)

せっかく萩まで来て、観光もせず帰るのは大変勿体ない。また来たい町です・・・

0409.jpg
本日は福塩線で一回峠を越えただけ。後半はほとんど平坦でした。

中国山地JR制覇(第2日)

2010.04.08 Thu

中国山地JR制覇(第2日)

jr-w0408a.jpg

初日は一旦帰宅したが、姫路泊でも良かった。新幹線代と(ビジネスホテル代+夕食代)の
比較、家で寝るか現地泊で朝ゆっくりするかの比較で結局・・・

100_2087.jpg
今日も5時起きで出動。大阪駅5:48

いよいよ、2日目は中国山地を縦貫する姫新線-芸備線の乗り通し。
姫路広島間は新幹線なら1時間ほどで行ける距離ながら、このルートで行くと乗り継ぎ含めて10時間!!しかもこのスケジュール以外に夜までに広島に着けない!
途中、15キロ制限区間もある超ローカル区間である。わくわく

100_2088.jpg
新大阪発6:05のレールスター博多行き。

100_2089.jpg
ガラガラなのに、後ろに中国人の団体が来て飯食い出すしうるさいし
仕舞いに車内で記念写真撮りだした(怒)

まあ、しかし30分で姫路着。
100_2090.jpg
昨日も乗ったけどまた姫新線。播磨新宮行き。新見までの直通は無いどころか、途中3回乗り換え有り・・・

学生で満員。何とか一つ空席見つけて座る。

播磨新宮で乗り換え-7:45佐用行き。
佐用からは初乗りになる8:26津山行き。

佐用-津山間は一日9往復と閑散路線となる。

100_2091.jpg
昨日も来たが(笑)桜満開の津山城

100_2092.jpg
とりあえず駅前の喫茶店でモーニング(¥500)

100_2093.jpg
津山-新見間はさらに、一日7往復に減少
とはいえキハ120の2両

100_2094.jpg
新見11:47着。後続は1時間の待ち合わせ(汗) 写真は駅前を流れる高梁川
午前中一杯かかって姫新線完乗。

この辺で昼食を、と駅の周辺をぶらぶらするがこれっちゅう店がない。
ちょっと離れた国道180まで出てみたけど、郊外向けのチェーン店みたいなのばかりでイマイチ。

100_2096.jpg
駅前に戻る途中で、作業着姿の3人組がビルから歩いて出てくるのを発見! このあたり、仕事なら車で
移動するはず。これや!
この3人組に続いて入ってみたら、川沿いの「ホテルみよしや」だった。

100_2095.jpg
日替わり定食は牛肉の柳川、菜の花と豆腐のサラダ、きんぴら、他。700円
味もボリュームもOK(笑)

100_2097.jpg
いよいよ、超ローカル区間に突入。備後落合まではなんと1日4本!!
広島まで芸備線だが、直通列車はない・・・

100_2098.jpg
12:47発。鉄ちゃんシートに座ったのに、目の前に高校生、最前部に安全監視員が乗って何も見えない(汗)

100_2099.jpg
25キロ制限区間はこんな風景

100_2100.jpg
両側とも崖というか藪というか。道後山あたりで標高600mまで登る。

100_2101.jpg
14:10秘境駅、備後落合着。

100_2102.jpg
両側の駅は「山」です。さすが秘境(笑)

100_2105.jpg
落合-比婆山間。峠をこえて谷筋に出た

100_2106.jpg
比婆山駅

100_2108.jpg
備後庄原駅手前。枝が窓ガラスをこする・・

15:58三次着。すぐの接続でようやく広島行き。キハ40の3両(写真無し)
17:28広島着。芸備線も完乗

さて、明日は福山から福塩線と三江線。広島に泊まって早朝福山へ移動するか、福山泊まりで朝のんびりするか・・・と出発前に検討していたら、鞆の浦のホテルが安くてバイキングもうまそう、大浴場の温泉もある。

ってことで広島からは17:56発の新幹線こだまで三原まで(特急料金が安い)。
三原から山陽線で糸崎乗り換えで福山へ。三原で4分の接続なので走って山陽線のホームへ行ったら列車案内が何か変。10分くらい前の時刻表が出ている。
車掌が居たので聞いてみると、「少し遅れてます」とのこと。
遅れたおかげで福山まで直行できた。


100_2110.jpg
福山に19:00頃着。外は真っ暗。

100_2112.jpg
鞆の浦行きのバス停へ。

fro04.jpg
鞆の浦シーサイドホテル(以降、角の丸い写真はホテルのページから転載してます)

何と!一泊2食付きで5250円でした。新幹線代とバス代払っても、大浴場入れる分得かも。


100_2113.jpg
和室でゆったり(ただし布団はセルフサービス)

100_2115.jpg
テレビと懐かしい三面鏡(笑)

100_2114.jpg
一応部屋に風呂もありますが・・
onsen03.jpg
大浴場でゆったり

yomo25.jpg
食事は自然食バイキング。

bufe01.gif
メニューは野菜中心の大人向け(オッサンにはピッタリです!)
で、チェックインが遅かったので、「折に好きな食材を詰めてお部屋でゆっくりどうぞ」ということになりました。先に大浴場でゆったりしてから落ち着いて食べられます。

100_2117.jpg
美味しゅうございました(笑)
次回は家族で来たいですね。

0408.jpg
本日のアップダウン。備後落合手前(道後山)で600m越えてますね。

中国山地JR制覇(第1日)

2010.04.07 Wed

jr-w0407.jpg

初日は岡山まで山陽線で移動し、津山線~因美線で鳥取、出来れば伯備線へ廻りたかったが新見で
夜になってしまい翌日の姫路の始発に乗れなくなるので、仕方なくそのまま戻ることにしました。


100_2057.jpg
朝6時の姫路行きに乗るので、自宅は5時出発です。

100_2058.jpg
新今宮で環状線に乗り換え。

100_2059.jpg
姫路行きの始発快速。なんとか座れました。

100_2061.jpg
姫路で乗り換え岡山9:08着。

100_2062.jpg
9:44発の快速まで一旦表へ出る。売店でサンドとコーヒー買ってベンチで朝食。
9:30頃、そろそろ入線かと津山線9番ホームへ行ってみると・・・

100_2063.jpg
あいた~~~~! 長蛇の列。それも90%がジジババお年寄りの団体・・
真っ直ぐホームへ来て並ぶべきだった・・

100_2065.jpg
10:56 ラッシュアワー並みの超満員で1時間強で津山着。ほぼ全員が津山で降りた。
どうやら、何かイベントがあるらしい。

100_2067.jpg
キハ47の3両編成

100_2064.jpg
向こうに見えるのは、鉄道記念物の扇形車庫

100_2066.jpg
とりあえず、駅前へ。どうやら、老人の群れは津山城近辺の桜祭りへ向かった模様。

100_2069.jpg
津山からはキハ120単行。11:35発の智頭行き

100_2070.jpg
沿線には桜が満開です

100_2072.jpg
三浦駅

100_2073.jpg
岡山から鳥取県境付近。深い谷を抜けていきます。

100_2075.jpg
藪の中。

100_2076.jpg
那岐駅付近

100_2078.jpg
智頭駅で乗り換え。 12:56発 智頭から先は千代川にそってのんびり走行。

100_2079.jpg
13:40鳥取着
売店で缶酎ハイ買って、ホームで弁当タイム(笑)

100_2080.jpg
時間の都合で智頭へ引き返します。14:10発キハ47の2両ワンマン

100_2081.jpg
14:54智頭着

100_2082.jpg
隣の智頭急行の駅へ移動

img004.jpg
img003.jpg
「宮本武蔵駅」の入場券を売ってたので購入。

100_2083.jpg
上郡行きの車両

100_2084.jpg
車内 キハ120と同等かな。15:36発

100_2085.jpg
大半がトンネルの智頭急行。佐用に16:27着

100_2086.jpg
佐用から姫新線に。16:34発 三日月駅の桜

このあと姫路から新快速で帰還。あまり面白いところはなかった(苦笑)
明日からいよいよ本格的な乗り鉄です
【本日の移動距離】約550キロ

0407.jpg
本日のアップダウンはこんな感じ

中国山地JR制覇(第0日)

2010.04.06 Tue

青春18切符を今年も買ってしまったので、色々とプランを練ってましたが結局、関西以西の
JR西日本の乗り潰しをやることに決定。

そこで、今回のテーマは「中国山地を乗り回す」

jr-w.jpg


去年の夏に境線と木次線へ行ったので、出雲市までの山陰線と境線、木次線-伯備線の南半分は
制覇済み。

あと、山陽新幹線の全線と在来線の福山まで、赤穂線と播但線等は過去に乗っているので残りは・・・

jr-w0.jpg
こんな感じ。(赤は乗車済み)

中国山地を縦貫する姫新線と芸備線、陰陽連絡が東から津山線と因美線、伯備線の北半分、
福塩線と三江線。本数の少なさからして、この辺が今回のキモでしょうか。
あと、山陰線と山陽線の西半分がありますが、これは本数も多いし乗りやすいので心配ない。
山口線と美祢線は若干性格が違うのと、次回九州責めの時に組み合わせる事も出来るので、
場合によっては後回しと。

で、さっそく予定を組んでみる。
津山+因美、福塩+三江、芸備+伯備(北)がそれぞれ1日近くかかる。あと、山口県内も
1日では厳しいと思われる本数の少なさ。

始発から最終近くまで乗り通せば何とか全部消化できそうだけれども、明るいウチに乗らないと
景色も分からず意味がないのと、せっかく旅行するのにビジネスホテルで数時間寝るだけと
いうのもつまらないので、夜はなるべく早く宿に入って美味しい物を探す方向に決定。(笑)

それから、仕事の都合で水曜からしか代休が取れず、日曜までの5連休ではあるが10日の
土曜で青春18の期限が終わるので、4日間しか使えないことも分かった。前の週の土日に
行けなくもないけど、日帰りで行っても効率が悪いし面倒なので(汗)結局4日間だけで
終えることに決定。

実は、このプランニングの期間が一番楽しい(笑)
時刻表をメモに書き写して、各方面からの接続時間を検討し、泊まる町を決める。
昔は、最終列車が着く駅には必ず、駅前旅館なりなんなりがあったのですが、昨今は
よく調べておかないと、駅で途方に暮れる場合もありますから。

色々検討してみると、
1.国山脈を貫く姫新線と芸備線を一日で乗り通すためには、姫路に
 泊まって始発に乗る以外にない
2.三江線、芸備線の備後落合付近は3~4往復しか無い
3.日によって線路保守のため運休する区間がある(汗)
などが分かりました。

そこで、姫路~姫新・芸備線で広島までで一日。福山~福塩・三江線で山陰へ出て一日。
津山線と因美線と出来れば伯備線で一日。山口線・美祢線近辺で一日とざっくり決めました。

大きな街ではビジネスホテルでも仕方ないが、小さな町では旅館か民宿で温泉につかる、
という方針も確認(笑)
さて、どうなります事やら・・・

続く

三田でうどん会~篠山某店開店準備

2010.04.02 Fri

おととしの6月、去年の3月に続いて3回目の三田でのうどん会。

100_1358.jpg
(写真は去年のです)

ひろぽち君と2人で9時前に三田着。たるさんは所要で来れず・・というか
事前の連絡がうまく行ってなかったみたい(笑)前日に電話したら「聞いてないで~~」
とのこと

100_2047.jpg
ぼちぼちと参加者も集まり、手打ちを体験していただきます。

100_2048.jpg
寝かし時間はほとんど無しで踏んでいきます。

100_2049.jpg
私はいつもの釜番&キツネ担当(笑)

100_2050.jpg
ゆる~い空気の中(笑)、工程は進んでいきました

100_2051.jpg
11時過ぎには、最初の麺を仕上げていきます

100_2052.jpg
それをさっそく茹でていきます。さすがに熟成不足で、茹であがっても若干粉っぽい。
ただ、エッジはなかなかの物

100_2053.jpg
ひろぽち師匠の見本(笑)

100_2054.jpg
結構うまく伸ばせていました。
私の方はビール片手に茹でておりましたので、この後すっかり写真を撮るのを忘れていました(汗)
決定的に時間が足りなくて、うどんの出来はもう一つでしたが、それでも皆さんには喜んでいただけたようです。

メニューはいつもの
カレー・しっぽく・かけ・ぶっかけ・青唐・ぜんざい・明太バター・釜玉・梅ぶっかけ等々
来年も有るのだろうか・・・・?


さて、そのあと今週オープン予定の篠山の某店へ。
今まで使っていた内紛が廃版になったので、何か知恵はないかとの事

まずは現状の確認。
100_2055.jpg
釜揚げうどんの豚のゴマだれつけ麺

もちもち感が足りず、シュレッダー切りのせいかダシの絡みも良くない。
その分、出しがからい。

100_2056.jpg
肉のショウガ焼きぶっかけ(冷)
こちらも同じく、ぶっかけダシがほんのちょっと辛い。
食感にこだわりすぎて、肝心の麺の味が足りないのでは・・・

さっきのうどん会で残った生麺を茹でて貰い、店主と奥さんに食べて貰った。
分かっていただけたかどうかは、甚だ疑問(笑)

関西の新店の傾向として、某製麺機と内紛の使用にこだわる結果、肝心の麺そのものが
美味しくないという、何とも残念な事になっている様に思います。

某県の某gさんが言った「DNAに訴えかける味」、ここを極めていただきたいと思う今日この頃です。
お品書きに「国内産の小麦粉にこだわった麺」と書かなくても、おいしければそれで充分だと思うのですが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。