Home>2009年07月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/25-26 覚王山夏祭り

2009.07.31 Fri

 ----------  7月25日  -----------

100_1560.jpg
今回も近鉄特急で出発!

100_1561.jpg
地下鉄覚王山駅から

100_1562b.jpg
徒歩1分で会場!

広島からの夜行バスで早朝に到着した恋太さんは、一足先に玄さんのところへ
準備の手伝いに行っています。
私はまず現地を確認、たるさんが来るのを待って、たる号でホームセンターへ
足りない道具の買い出し・・・

100_1570.jpg
共用の給水管から横取りして、釜への差し水を整備しようと思って継ぎ手を
各種持って行ったのですが、実際はホースでした・・・
カチットも持って行けば良かった・・・

去年と同じ喫茶で朝食を取っていると、玄さん一行も到着し設営開始。
前回までと場所が変わるのは聞いていましたが、一ブースの区画も狭い!!
だから「2つ押さえたら?」と玄さんに言ったのに(笑)

100_1566.jpg
ただ給水所の隣なのと、その間に空きスペースが有ったので何とか配置完了
鶴見緑地で試したとおり、たらいから水中ポンプで強制排水、給水は隣から
ホースで接続。

35321314_4173924534.jpg
毎度おなじみのメニューですが・・・

100_1568.jpg
先週試した「冷やし汁なし坦々うどん」
新メニューです!!

今年の保健所の検査は去年ほど厳しくなくて、何とかクリア。
でも玄さん、カイワレはアカンよカイワレは・・・・
なんぼ私が「カイワレ乗せよう」と言ったとしても(笑)

100_1565.jpg
さっそく試しに茹でていると、気の早いお客さんが「食べられますか?」と
声を掛けてくる・・
おばちゃんが「できますよ」と言うもんだから、味見用の麺で営業開始(笑)
問題なく美味かったですが・・

100_1563.jpg
これが今年のお勧め「担々麺」

100_1564.jpg
こちらは「青唐うどん」(谷川米穀風)

100_1567.jpg

初日はスタートから夕方までがイマイチでしたが、日が暮れてから結構お客が増えて3箱くらい。

夜も新兵器の蛍光ランプのおかげでエエ感じでした

春と同じ、レトロな旅館に恋太さんと宿泊。
たるさんは土曜だけ。

 ----------  7月26日  -----------

朝はゆっくり。隣駅の喫茶店まで行ってモーニングを。
玄さん、工藤さん、ひろぽち君が到着。

今日は開店早々から結構お客さんが来ていて、日曜の昼は早めに店開きするのが
吉かなと。

名古屋で知り合いに会うことはまずないので、TさんMさんご夫妻に挨拶されたとき、
最初は玄さんの友人だな、と思い玄さんに取り次いだんですが、「讃岐うどんML」黎明期
以来の友人?ではございませんか(笑)失礼してしまいました。

catさんも来てくれました。Pさんは腰痛で来れないとか。トシだから気を付けて(笑)
人のことは言えないのですが(笑)

100_1572.jpg
ぶっかけ冷

3時頃から断続的に雨が降り、次第に降りも強くなってきて雷も鳴り出し、
最終的には6時半頃「集中豪雨が来そうなので祭りを中止します」ということで
強制終了・・・・

開店直後にそこそこ出たのでこの日も出玉は3箱くらいか(笑)
水回りが上手く行くのが事前に分かっていれば、2~3人人員を減らしても
出来たんですけどねぇ・・

ただ、抽選で離れ小島のブースが当たってたら、去年みたいに熱湯バケツと水タンクを
運ばねばならず、人数揃わなければ出来なかったし。
難しいところです。主催者側と交渉して水場の隣を確保できれば良いのですが。

100_1571.jpg
ちなみに、反対側のスペースになった場合は駐車場裏までホース引っ張って
排水できそうな感じです(笑)
給水は厳しいかも。

スポンサーサイト

覚王山夏祭りパンフレット

2009.07.22 Wed

赤いところで出店します。(クリックすると拡大します)
map2.jpg
去年までとは場所が変わり、駅から徒歩1分です。
うどん(\300)の他、缶ビール等もあります

7/19覚王山祭り準備

2009.07.22 Wed

100_1539.jpg

ひろぽち号に便乗して今週も犬山製麺所へ行きました。

100_1541.jpg

まずは「緑あひる」5キロで製麺開始。
アルコールや酢も入れて日持ちする麺を作ります。

100_1543.jpg

寝かしの時間を利用して、小羽釜の改造。排水口を取り付けます。

100_1544.jpg
100_1545.jpg

寝かした後は、プレス機で製麺

100_1546.jpg

再び寝かせる間に、担々麺の具を作ります。

100_1549.jpg

にんにくとショウガを炒めて・・・

100_1550.jpg

合い挽き肉を投入。
そこへ「担々麺の素」を投入して出来上がり(写真取り忘れた)

100_1554.jpg

この辺からビール飲み過ぎで記憶が曖昧なんですが(汗)
小分けにして団子にし、

100_1555.jpg

手打ちで伸ばして。

men.jpg
(写真:ひろぽち君)

pack.jpg
(写真:ひろぽち君)


真空パック機を持って行ったので、残りはパックして冷蔵庫へ。

100_1556.jpg

茹でている写真が残っているので、食べたと思われますが、覚えていません(笑)
出来たてはどうやったんでしょうか?
見た目は美味そうにあがってますが・・・

100_1557.jpg
「冷やし汁無し担々麺」 つけ合わせの野菜無しバージョン


tan.jpg
(写真:ひろぽち君)

屋台ではこの半分位の量になると思います。
彩りにカイワレと白髪ネギあたりを乗せる予定。

100_1558.jpg
今回の場所はこの辺になりそう。

100_1559.jpg

帰りに東区のうどん岩正で味噌かつ丼を食べました・・・きしめんも・・・
飲み過ぎの胃にはちょっと重かった(笑)

飲み過ぎで昼からほとんど壊れていましたが、ひろぽち君お世話様でした。

都議選・衆院選

2009.07.16 Thu

(*** 夏向けのデザインに変更しました ***)


 総選挙は8/30とのこと。
1年間ヤキモキさせられてきたので、これで一安心。
(まだ来週まで、もう一波乱あるかもですが)

イヤ別に立候補予定してるわけでも、応援に行くわけでもないですが(笑)
決まらないと仕事の予定が立てにくいからです。

選挙期間中は仕事が制限されたり建物に入れなかったりするので、
特に最後の追い込みの期間に選挙が絡むと大変なんです。
去年の府知事選の時も危なかったし。

夏の洞爺湖サミットの時は、ほとんど影響ないと思われたのに入館制限されたし。
(おかげで京都へイベントの下見に行けましたが)

先週の都議選は自分には縁もゆかりもないわけですが、全選挙区の立候補者と票数予想のリストを
作って、キーホールで東京MXテレビとCSの開票速報番組見てました。
これは面白い。

今回は開票が始まる前に応援してる方の候補が8割くらい当確出てしまったんで
(バレバレか(笑))あまりスリルはなかったですが、ダメと思われてた千代田を制したり、
北多摩でNHKが当確を出し直したりで結構酒が進みました(笑)

これは楽しいので、総選挙も300選挙区の得票予想を作って、赤ペンで添削しながら
選挙特番見ようと思っています。
飲み過ぎて、半分も開かないウチに潰れて寝てしまいそうですが(笑)

最後に、2ちゃんねるで拾った自民党議員への意見(爆笑)を

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  :おくたにれいこ :2009/07/14(火)

このままでは惨敗とか言ってる自民党議員がいるようですが、あまえではないでしょうか。

当選するだけの票を集めればよいだけのことが、努力が出来ないのでしょうか?
それはスキルが足らないから出来ないのです。スキルを高めるための努力をしなさい。

第一、その程度の「人間力」もない者が、国会議員でいてよいわけがありません。
早急に「自民党の人間力を高める有識者会議」の開催が必要です。
なんなら、私がその議長を務めて議員の皆さんにレクチャーをしますよ。

いいですか。仮に落選をしたとしても、えり好みをしなければ職なんていくらでも
あるんですよ。道路工夫に便所掃除夫、港湾荷役に殴られ屋、今日からでも出来る
ことでしょう。贅沢ばかり言っているから選挙が怖いとか抜かすんですよ。

本当にあまったれた、困った人達の多い国になってしまったものだと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
がんばればいいのでアール(笑) だとさ

7/1 劔岳 点の記

2009.07.06 Mon

t01.jpg

映画の日で安く見られるということで、半日休んで見てきました。

メイキングは地上波、CS等でかなり見ていたのですが剣岳そのものの予備知識はあまりなし。
おかげで登山ルートや他の峰の位置関係がよく分からず、それくらいは調べてから行くべき
だったと思います。

監督は黒沢映画の撮影技師、木村大作氏。
日本沈没(1973年) 阿寒に果つ(1975年) 八甲田山(1977年) 復活の日(1980年) など
超大作、極寒の映画を手がけてきたカメラマンの初監督作品。

一切のCGを拒否して全てを実写で表現したという点は賞賛に値する。
さすがは名カメラマン(撮影も木村氏が行っている)、
2年を掛けて撮影した映像は、とてつもない迫力と美しさで迫ってくる。

が・・・ 劇映画としては少し物足りない。
ほぼ史実に沿ったセミドキュメンタリーであることを差し引いても、少し薄味だ。

浅野忠信と香川照之は良かったが松田龍平は初めから最後まで平成のアンちゃんで
興ざめ。宮崎あおいも居ない方が良かった。

メイキング等によると、山のシーンはほぼ順撮りで「演出などしなくても撮影そのものが
測量隊の行動そのものだった」という。

画面の手前で演技している役者達が少々薄味でも、バックのアルプスの映像が全てを
補ってくれる。そんな映画でした。

いっぺん登りに行かねば・・

6/21関麺の会 犬山製麺所

2009.07.01 Wed

関麺の会の年次総会(笑)を兼ねて、犬山の玄さんの所に集まりました。

100_1522.jpg
難波駅 朝6時発の近鉄特急始発で

100_1523.jpg
犬山に9時前・・

100_1524.jpg
ダシの準備が出来てました。

100_1526.jpg
大きな冷蔵庫には・・

100_1527.jpg
粉と米がストックされてます。

100_1528.jpg
まずは3キロx2つを水回し
12%の40%だったか・・

100_1529.jpg
100_1530a.jpg
そこへアルコールを投入。

100_1531.jpg
こちらは名古屋の若い衆(笑)

100_1532.jpg
固まりになるまで軽く踏みまして・・

100_1525.jpg
プレスマシンで製麺します。

100_1533.jpg
こんな感じ。

100_1534.jpg
こちらは名古屋の若い衆(笑)マシンは使いません。

100_1535.jpg
新しいバーナーは2個使いになりそう。

100_1537.jpg
んで、試食しましたが結構行ける。

100_1538.jpg
ジャージャー麺もなかなか。

プレスしたあたりから酔っぱらって(笑)段取り上手く行かなかったんですが、
手順としてはプレス → 1キロに切り分け → 団子に丸め → プレス → 麺棒で伸ばす → 切り
というパターンを守った方が良いみたいです。

延ばしは機械でなく、手でやる方が良い感じ。あと、最後の切刃が細めな分、
団子も小さくしないと麺線が長すぎて扱いにくいようです。

この辺は次回チェックする予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。