Home>  TotalPages61 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道3日目

2011.12.25 Sun

P1000645.jpg
6:22新宮行きの始発で出発

P1000682.jpg
8:40紀伊勝浦着。バスの時間表を貰う。

P1000650.jpg
駅前に足湯有り。那智山行きのバスの時間まで駅前をブラブラ
と、時刻表を良く見るとバス停一つ分、表を見間違えてた(汗)
9:05発がブラブラしてる間に出てしまってた・・

P1000651.jpg
仕方なく喫茶店でモーニング。和食セットで珈琲無し600円
席は地元の爺さん連中で一杯。

P1000652.jpg
那智行きのバス9:30発

P1000653.jpg
那智山バス停9:58

P1000656.jpg
那智の滝

P1000658.jpg
参詣道の階段を上る

P1000660.jpg
熊野那智大社

P1000661.jpg
本堂はまだ台風の爪痕が

P1000666.jpg
境内の裏手から滝が見えます。

はっぴを着た若者が「お手持ちのデジカメで記念写真をお撮りしま~す」と声を掛けているので、
「じゃ、お願い」と頼んでみると、「先にこのカメラでお撮りします。買わなくても構いませんから」
と大判のカメラを取り出した・・・そういう仕掛けだったのか・・・(汗)

ここは断る勇気は有ったが、まあ、地元に金を落とすというコンセプトもあるので
渋々ながら1000円払ってインスタント写真も買ってきました。

P1000669a.jpg
それがこの写真

あと、団体客も入れそうもない一番小さそうな土産物屋で「那智黒」3袋買いました

P1000679.jpg
まだ石がゴロゴロしている那智川

P1000683.jpg
初日と同じオーシャンアロー1号で新宮へ。

P1000691.jpg
初日と同じ本宮行きのバスを5分で降りて速玉大社へ。

P1000692.jpg
熊野速玉大社

P1000698.jpg
こちらは特に被害もなかったようです。
P1000700.jpg

P1000703.jpg
時間が余ったので新宮城趾にも寄ってみました。

P1000707.jpg
登ってみると建物は残っていません

P1000708a.jpg
見晴らしは最高

P1000713.jpg
スーパーくろしおにて帰宅。

P1000714.jpg
流された那智川の鉄橋も元通りになってました

というわけで3日間の旅行は終了。
最近は青春18に慣れてたので、特急で移動できるのはメチャ楽でええですわ(笑)

交通費は南紀パスの6000円とJRまでの電車賃数百円
宿泊費は2泊で6000円
食費は夜が5150円と5100円
朝と昼はコンビニで500円弱
2日目の飲み物は自販機ごとに10本くらい飲んだはず

大名旅行の割に安く済んだ(旅館が旅館やからね)と思います。

次は四国一周か、北陸・上越のフリー切符にしますか。
スポンサーサイト

熊野古道2日目-後半

2011.12.24 Sat

P1000572.jpg
中辺路 滝尻王子からの後半です。GPSで標高はちょうど100m
ここからは昔の参詣道がそのままに近い形で残っており。ハイカーのために標識も整備されてます。

10:10スタート。果たして5時間50分で近露バス停まで行けるか!?

1224MAP3.jpg
★地図3
鮎川から十丈王子

P1000573.jpg
いきなりの急坂です。
P1000574.jpg
「胎内くぐり」の看板が

P1000575.jpg
これはくぐれんやろ・・(笑)

P1000576.jpg
こちらは乳岩

P1000577.jpg
そしてすぐに不寝王子(10:27)

P1000578.jpg
500m置きに標識があり、番号が書いてあります。

P1000580.jpg
1キロ地点。標高は370m ここまで37分・・・遅いか
ほぼ最初の山を登り切ったのでここから平坦になります。

P1000583.jpg
標識がしっかりしていて、歩きやすい・・・はずだったが(汗)

P1000586.jpg
4番:2キロ地点 57分

P1000588.jpg
分かれ道には「この道は、熊野古道ではありません。」と看板があるので
間違う心配はない・・・はずだったが(汗)

P1000590.jpg
再びちょっとした登り

P1000592.jpg
登り切ったところにNHKの送信所

P1000593.jpg
3キロ地点11:36 1キロ30分ほど掛かっていて、この調子では間に合わない。急がねば・・

P1000595.jpg
高原熊野神社

P1000597.jpg
高原の宿場町には展望台もありました。


P1000602.jpg
いよいよ人里離れたコースに。ここからまた上り坂に。
現在時刻12:10 4時間掛かるとバスに乗れない(汗)

P1000608.jpg
11番=5.5キロ 12:45 大門王子のすぐ手前

P1000609.jpg
12:45 大門王子着 ほぼ登り切った模様。585m

P1000610.jpg
本日初めてハイカーに出会う。かなりのスピードで抜いていった・・・
2~3分休憩して歩き始めたら道幅が狭くなり、靴の幅以下になるところを2・3カ所抜けたら

P1000611.jpg
とうとう道が無くなって瓦礫だらけの沢に出てしまった・・・
この写真に写ってる数十メートルで20分近くロス。
こういう場合戻るのが鉄則と分かっていても、危ないところを抜けてきただけに
何となく進めば元の道に出れそうな気がして進んでしまう・・・

結局かなりの急坂を滑り落ちるように下ってなんとか元の道に復帰(汗)
GPSの等高線で数えると30m位降りた感じか

MAP5.jpg
迷った場所の拡大図。上の細い線が予定の道。下のグチャグチャした線が迷った軌跡。
尾根の少し左を行くはずが、沢筋に迷い込んでます。

大門王子
カシバードビューで見るとこんな感じ(クリックして拡大)
赤とピンクの線が古道。緑の線が迷った軌跡

P1000612.jpg
13番は、ほぼ中間地点。13:37着 滝尻から3時間27分・・・ここからは下り基調とはいえかなり厳しい

P1000613.jpg
十丈王子 13:44着 大門王子からガイドブックでも30分の所、1時間も掛かった・・30分のロス・・まずい

1224MAP4.jpg
★地図4
大門王子から近露王子

P1000619.jpg
16番=8キロ地点 14:07 もうすぐ最高地点 バスの発車まで2時間切った

P1000624.jpg
20番=10キロ地点 14:46 最高地点を越えてスピードアップ
この1キロは15分で走れた・・あと3キロを75分・・行けるかも(笑)

P1000627.jpg
大坂本王子15:02

P1000631.jpg
明るくなったところが「道の駅なかへじ」15:15 バス停もあり、何とか宿まで帰れることが決定。
すっかり安心して、ここで止めたい気持ちが危うく支配しかけたが、
バスの時間まで40分あるので、なんとか気を取り直して近露まで行くことに

P1000633.jpg
牛馬童子・・盗難にあった像も復活したと聞きましたが・・近くまで行く体力無し
近露はもうすぐ、と思って道の駅から歩き出したが、案外距離がある(汗)

P1000635.jpg
近露まで最後の標識 15:37

P1000637.jpg
本日のゴール、近露王子 15:45

1223LOG.jpg
標高データ
やはり後半は結構キツいです

1223SPEED.jpg
スピードグラフ。単位は(分/キロ)
八上王子の手前で跳ね上がってるのはトンネルで受からなかったため。
滝尻の手前はバスのワープ。
近露の先は帰りのバス。


P1000639.jpg
雪が舞ってきました

P1000640.jpg
近露王子バス停、15:47着。バスの時間まで20分前。無事ゴールしました。
移動距離43.7キロ そのうち実走は38.5キロ 10時間27分
バスの座席で死んだように眠り、紀伊田辺の宿へ。

朝コンビニで買ったおにぎり2つ以外食べてないので、夕食は相当食べられそうに思えたが、
消耗しすぎたせいか食欲が余り沸きませんでした。

宿の大きな風呂でともかくカラダを休めて、田辺の美味しい寿司を探しに街へ。

P1000644a.jpg
食べログで評判の良い店に入ってみたら、客は1人もおらず・・・
カウンターに座って冷蔵ケースを見たら、ネタが干からびてる・・・・(汗)
食べずに出てくる勇気はないので、とりあえず刺身の盛り合わせと上にぎりを頼んでみたが・・・

スーパーで寿司のパック買う方がずっとマシだった・・・
それでも生4杯飲んで5100円

大失敗の巻。昨日の店にもう一度行った方が良かった。
明日は予定を変更して那智大社と新宮の速玉大社に行くことに。

予定外でバスの時間を調べてないけど、始発で行けば何とかなるでしょう。

熊野古道2日目-前半

2011.12.24 Sat

2日目はいよいよ今回の旅のメインの古道歩きです。
ガイドブックによると、田辺駅~滝尻王子の平坦区間はほぼ24キロで7~9時間とのこと。
現役時代なら3時間の距離ですが、今なら4~5時間は掛かるでしょう。
滝尻~近露はほとんどが山の中で、ガイドでは5~8時間、4年ほど前にウルトラランナーの皆さんが
走った時には前半が5時間弱、後半が4時間弱とのこと。

というわけで近露からの帰りのバスが16時なので、前半4~5時間、後半5~6時間で走るとして
計11時間、朝5時出発と決定(汗)
1224MAP1.jpg
★地図1
駅から稲葉根王子

P1000519.jpg
真っ暗な中、朝5時20分に出発。

P1000524.jpg
高山寺もまだ真っ暗

P1000526.jpg
5:50秋津王寺着

P1000538.jpg
6:25麻呂王子。まだ暗い

P1000540.jpg
6時半を回ってようやく明かりが・・

P1000546.jpg
6:47三栖王子

P1000547.jpg
三栖王寺と八上王子の間が不通とのこと。しかも、この地図が全く分かりにくい!

P1000548.jpg
散々迷ったあげくトンネル越えて八上王子付近へ。20分くらいロスした感じ

P1000549.jpg
7:32八上王子

P1000550.jpg
隣の八上神社

P1000551.jpg
稲葉根トンネルを行かず、王子谷を越えて行く

P1000552.jpg
かなり急な上に荒れた道。

P1000553.jpg
坂を下りきったところが稲葉根王子8:13

1224MAP2.jpg
★地図1
稲葉根王子から清姫あたり
富田川の川沿いの国道を行く。

P1000559.jpgP1000560.jpg
8:55一ノ瀬王子

P1000565.jpg
9:25鮎川王子

P1000566.jpg
鮎川王子の先の沈下橋
1時間以上ずっと国道沿いの歩道で少々飽きてきた(汗)

P1000568.jpg
次の滝尻王子に10時には着きたいので、20分ほど待ってバスでワープすることにする。

P1000571.jpg
滝尻王寺着。5.2キロのワープで10:10着

P1000570.jpg
小広王子~船玉神社通行止。「迂回路無し」とのこと
いつかは復旧するのだろうか・・

P1000572.jpg
山岳区間は次のエントリに続きます。
ここまで26.7キロ(内バスで5.2キロ)で4時間50分
途中、迷わなければバスに乗らずに済んだ感じですね.

熊野古道

2011.12.23 Fri

4月以来の更新です。
年末の3連休を利用しての熊野詣で。
きっかけとしては、台風12号で不通になっていた紀勢線の開通に合わせて発売された「南紀パス」。

今回のコンセプトは「被災地にお金を落とす」で、現地でなるべく贅沢するという難しい(汗)テーマ

南紀パス1

フリーゾーンは田辺-新宮間で、往復も含めて特急乗り放題。しかも田辺-本宮-新宮間の路線バスも無料で6000円という破格のプライス。白浜往復の乗車券とほぼ同額、特急利用の新宮片道より安いという驚きの価格。
これは行くっきゃない、ということで

P1000460.jpg
自宅を6時半に出発

P1000465.jpg
一旦、新大阪まで行ってオーシャンアローの指定席に乗り込む。
もちろん、海側の窓側。7:35発

P1000466.jpg
奮発して駅弁購入。ビールはまだ我慢(笑)

P1000467.jpg
景色は最高、ですが前の席が小犬連れで、ケージの中で鳴き通しなのには参った。

P1000472.jpg
そんなこんなで新宮駅到着11:49ごろ(2分遅れたような)

P1000473.jpg
駅前のターミナルから熊野バスに乗る。

P1000474.jpg
左の最前列に乗ると前がよく見えます。

P1000477.jpg
1時間ほど走って本宮に到着。

P1000478.jpg
バス停のすぐ横が鳥居です

P1000480.jpg
くぐるといきなり石段

P1000481.jpg
登り切ると神門

P1000483.jpg
左の社殿は葺き替え工事中。台風の被害ではありません。

P1000482.jpg
右の2つはそのまま

P1000490.jpg
こちらは拝殿

P1000491.jpg
P1000492.jpg
札所でおみくじを引き、大麻を買いました。
末吉。まずまずか。「病気:心を安らかにすればなおる」これは当たりすぎてて笑った。鬱は心の病やからねぇ(笑)

P1000493.jpg
ちゃんと奉納して

P1000496.jpg
大斎原へ。高さ30mの巨大鳥居

P1000498.jpg
昔はここに熊野本宮大社が在ったという事です。

P1000501.jpg
田辺までのバスの時間を確認。次の便まで1時間弱。

しかし、ここで大問題が!!最終便の17:15発の便がない!
印刷していった時刻表を良く見ると、欄外に「3/19~11/30運行」と書いてある・・・

今日はともかく、明日の古道歩きの帰り便が2時間以上も早くなると間に合わんかもしれん・・・
どうしたものか・・
ともかく、暗いウチから歩き出さないと間に合わないのは確定なので、大社の前にあるコーナンで
ヘッドライトを調達(汗)
それにしても何でこんな所にコーナンが・・・

P1000502.jpg
少し歩いて新宮川(熊野川)へ。これだけ広い川が氾濫したのか・・・

P1000503.jpg
まだ時間があるので喫茶店で時間調整。
この店も被害を受け、先週オープンしたばかりとか。

ともかく、明日はかなり時間が厳しそう。途中のバス停をGPSに打ち込んで
エスケープの準備をする。
帰り便が確認できたのと、バス停位置が分かっただけでも新宮まで行っておいた甲斐があった。
いきなり近露に向かってたら路頭に迷うところでした。

P1000505.jpg
栗栖川でトイレ休憩があり10分ほど停車。

P1000507.jpg
紀伊田辺駅到着。

P1000508.jpg
駅前通りの美吉屋旅館へ。
和室四畳半で一泊三千円。安っ!

P1000509.jpg
浴衣もタオルも歯ブラシもちゃんと付いてます(笑)

荷物を置いたら、何はともあれ駅前散策。
明日も素泊まりなので、魚料理の旨そうな店を探す。一軒は食べログに載ってる寿司屋、

P1000514.jpg
今晩は駅前商店街のこの店に決定。

P1000510.jpg
まずはビールとウツボのたたき。

P1000511.jpg
それから造りの盛り合わせ

P1000512.jpg
冷酒も頼んでみたが、ちょっと甘すぎた・・

P1000513.jpg
最後は赤だしで締めて5150円
ちょっと食べ足りない。シラスご飯か何か食べりゃ良かったか・・

P1000515.jpg
コンビニで明日の朝食を調達して帰還

P1000516.jpg
廊下は昭和を感じさせる雰囲気。

P1000517.jpg
便所も昭和の旅館風。

P1000642.jpg
風呂は家族風呂と聞いてたので、家と変わらぬ大きさかと思ったら、湯船で寝そべる事も出来る大きさ。
4~5人は楽に入れそう。

5時には出発することにして、早々に就寝。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。